【秋華賞】アブレイズ、力強く1馬身差 藤井「しっかり反応してくれた」

[ 2020年10月15日 05:30 ]

藤井勘一郎騎手が乗り、坂路で併せ馬に先着するアブレイズ(右)
Photo By 提供写真

 アブレイズは藤井を背に坂路で併せ馬。サトノソレイユ(4歳1勝クラス)の内から力強く伸びて1馬身先着。4F53秒6~1F12秒3をマークした。藤井は「重い馬場で、しまい重点。手前(軸脚)を替えてしっかり反応してくれた」と納得の表情。

 舞台は新馬戦を快勝した京都内回り2000メートル。「条件はいい。直線が短いので先行力を生かしたい」と意欲を燃やした。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2020年10月15日のニュース