【秋華賞】ウインマイティー、流して調整完了 五十嵐師「ラストはよく動けていた」

[ 2020年10月15日 05:30 ]

弾むようなフットワークせ坂路を駆け上がったウインマイティー
Photo By 提供写真

 ウインマイティーは坂路で単走。馬なりで4F54秒0~1F12秒3の時計を刻んだ。先週、CWコースでド迫力の稽古を見せており、全てが予定通り。「無理せず流すだけ。ラストはよく動けていた」と五十嵐師。

 前哨戦の紫苑Sは6着も収穫は大きかった。「馬混みでも平気だった。内回り2000メートルも気にならない」。指揮官は高まる気持ちを抑え切れない様子だ。

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2020年10月15日のニュース