【秋華賞】マルターズディオサ、手塚師納得の素軽さ「しっかり仕上げたのでいい結果が出れば」

[ 2020年10月15日 05:30 ]

坂路で追い切るマルターズディオサ(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 マルターズディオサは坂路。単走で強めに追われ、4F53秒3~1F12秒5をマーク。手塚師は「素軽い動きをしていた」と納得の表情だ。

 オークスは10着大敗も前哨戦・紫苑Sを快勝。「(チューリップ賞を含め)トライアルを2つ勝たせてもらっておりG1でも遜色はない。しっかり仕上げたのでいい結果が出れば」と期待を寄せた。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2020年10月15日のニュース