【秋華賞】ミヤマザクラ、成長示す猛時計 藤原英師「思った通りの動きと時計」

[ 2020年10月15日 05:30 ]

開場直後の坂路で、軽快な動きをみせたミヤマザクラ
Photo By 提供写真

 クイーンCの覇者ミヤマザクラは坂路で猛時計。単走ながら前半から飛ばし4F51秒8。ラスト1Fも12秒5。最後まで攻めの姿勢を貫いた。

 藤原英師は「思った通りの動きと時計。しっかり乗り込んできた。馬も成長している」と誇らしげ。「距離もいい。どんな競馬もできる」と語り、大胆な戦法に打って出る可能性がありそうだ。

続きを表示

「森且行」特集記事

「根岸S」特集記事

2020年10月15日のニュース