【菊花賞1週前追い】追ってひと言

[ 2020年10月15日 05:30 ]

 アリストテレス(音無師)前走と動きは変わらず状態もいい。3000メートルはやってみないと分からないがスタミナはある。

 アンティシペイト(国枝師)北海道を使った後も順調。稽古の動きはまずまずだが実戦に行っていいタイプ。スタミナを生かす競馬をしたい。

 ガロアクリーク(上原師)休み明けを使って良化。前走でいっぱいに仕上げたわけではないので、もう一段上の状態を期待できる。

 キメラヴェリテ(中竹師)前走後もカイバ食いが旺盛。前走より状態は上向き。

 ダノングロワール(国枝師)だんだんと良くなっている状況。前走はしまいの脚が良かった。血統的に距離はこなせる。現状でどこまで通用するか。

 ターキッシュパレス(富田)少しズブさを見せたが最後の伸びは良かった。状態もいい。

 ビターエンダー(津村)使って良くなるタイプで上積みを感じる。距離は延びても大丈夫。ロスなく立ち回りたい。

 マンオブスピリット(M・デムーロ)少しズルさが出ている。スタミナ豊富で距離は大丈夫。京都に替わるのもプラス。

 レクセランス(池添学師)動きは良かった。2走目で息の入りが違うし、来週の追い切りでいい状態に仕上がる。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2020年10月15日のニュース