札幌馬主協会、新型コロナウイルス感染症対策支援で1500万円寄付

[ 2020年10月15日 05:30 ]

北海道・鈴木知事から感謝状を受け取った札幌馬主協会(左から副会長の藤原悟郎氏、会長理事の吉田照哉氏、北海道・鈴木直道知事)(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 札幌馬主協会(吉田照哉会長理事=社台ファーム代表)が新型コロナウイルス感染症対策支援のために1500万円を北海道に寄付し、14日、感謝状を贈られた。「少しでも皆さまの助けになれば」と吉田照哉氏。鈴木直道知事は「地方競馬支援でコロナ以前から毎年、寄付金を頂いている。今回は医療従事者、医療機関への支援にご理解を頂いた」と感謝した。

続きを表示

「森且行」特集記事

「根岸S」特集記事

2020年10月15日のニュース