【前橋・寛仁親王牌】松井快進撃だ!33バンク得意「室内の高速バンクは自分が最も得意にしている舞台」

[ 2020年10月15日 05:30 ]

スピード上位の松井
Photo By スポニチ

 昨年11月の別府G3以来、前回取手で久々のVを飾った松井がその勢いのままG1へと乗り込んで来た。「前橋を走るのは初めてだけど、室内の高速バンクは自分が最も得意にしている舞台。33バンクも相性は抜群」と自信の表情。

 ナショナルチームで培ったスピードを武器に大暴れをもくろんでいる。「しっかり練習はできているし体の仕上がりはいい。最低でも決勝に乗れるように。積極的なレースができれば結果はついてくると思う」と力強い。初日5Rは中村―伊勢崎の千葉勢を引き連れてラインで上位独占を狙う。

続きを表示

「森且行」特集記事

「根岸S」特集記事

2020年10月15日のニュース