【菊花賞1週前追い】バビット、内田納得の力強い伸び「やれるだけのことはやった」

[ 2020年10月15日 05:30 ]

内田博幸騎手を背にCウッドで併せ馬で追い切るバビット
Photo By 提供写真

 バビット(牡=浜田)は美浦から駆けつけた内田を背にCWコース。先導役のトモノコテツ(5歳2勝クラス)の内から力強く伸びて3馬身先着。6F82秒7~1F12秒0を刻んだ。

 内田は「反応が良かったし時計にも満足。やれるだけのことはやった」と納得の表情。セントライト記念を快勝し、重賞2連勝で臨む。「前走がいい内容だった。3000メートルに延びるがスタミナは豊富。リズム良く運びたい」とイメージした。

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2020年10月15日のニュース