【日本ダービー】ゼッケン準備着々 無観客開催でもJRA職員ら約1100人が“奮闘”

[ 2020年5月31日 05:30 ]

スタッフがダービーのゼッケンを準備する(JRA提供)
Photo By 提供写真

 土曜日には着用ゼッケンの準備が進められた。午前10時から東京競馬場内で日曜日の全レース分のゼッケン作りを開始。ダービーを含めた全てのゼッケンが午後4時半に完成した。無観客開催でも当日はJRA職員や芝コースの手入れを行う担当ら約1100人が開催を支える。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年5月31日のニュース