【安土城S】エントシャイデンV 川須「いい内容のレースができました」

[ 2020年5月31日 16:15 ]

<京都10R・安土城S>ゴール前、外から差し切ったエントシャイデン(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 矢作厩舎&チーム・ノースヒルズのコンビがダービー前の一番も制した。31日の京都10R・安土城Sはエントシャイデン(牡5=矢作、父ディープインパクト)が大外からひと追いごとに脚を伸ばし、逃げたグランドロワを首差とらえた。

 破顔一笑の川須は「テン乗りだったけど、追い切りに乗せてもらって性格は把握できた。勝負所でスムーズに外に出せたし、いい内容のレースができました」と振り返った。半弟ビアンフェ(父キズナ)は土曜京都メインの葵Sを制した。逃げと差しで、キレイにきょうだいVリレーを完成させた。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年5月31日のニュース