【日本ダービー】コントレイルが圧勝、父ディープ以来15年ぶり無敗で2冠 福永は2年ぶりV

[ 2020年5月31日 15:43 ]

<日本ダービー>レースを制したコントレイル(中央左)2着のサリオス(中央右)=撮影・郡司 修
Photo By スポニチ

 競馬の祭典「第87回日本ダービー」(G1、芝2400メートル)は31日、東京競馬場で行われ、福永騎乗のコントレイル(牡3=矢作)が優勝、2017年に生産されたサラブレッド7262頭(持ち込み馬、外国産馬含む)の頂点に立った。勝ちタイムは2分24秒1。

 2冠制覇は2015年ドゥラメンテ以来5年ぶり24頭目、無敗では父ディープインパクト以来15年ぶり7頭目。

 ウインカーネリアンが大外からハナを奪い、コルテジア、ディープボンドが前に行き、コントレイルはその直後につけた、中団にサリオス、ダーリントンホールがつけ、サトノフラッグ、レクセランスは後方待機となった。向正面でマイラプソディが一気に先頭に立ち、最後のコーナーを回り直線に入ると、コントレイルが持ったまま先頭をうかがい、ムチを入れると一気に突き抜けて3馬身差で圧勝した。

 勝ったコントレイルは父ディープインパクト、母ロードクロサイトの血統。通算成績は5戦5勝、うち重賞4勝。ホープフルS、皐月賞、そして日本ダービーを制覇してJRA・G1で3戦全勝となった。

 ディープインパクト産駒は3連覇。同産駒はトウルヌソル、サンデーサイレンスに並ぶ歴代最多タイのダービー6勝目。ダービー馬の産駒が15年から6連勝となった。

 鞍上の福永はJRA・G1通算27勝目。日本ダービーは18年にワグネリアンで制し2年ぶり2度目の制覇。

 管理する矢作師は、皐月賞に続きJRA・G1通算12勝目。12年にディープブリランテで制して以来8年ぶりの2度目の制覇となった。

 3馬身差の2着にサリオス、さらに1馬身3/4差でヴェルトライゼンデが3着に入った。

続きを表示

この記事のフォト

「中京記念」特集記事

「函館記念」特集記事

2020年5月31日のニュース