【日本ダービー】武豊 無観客ダービーで決意「多くの方々に感謝を伝えられるような騎乗を」

[ 2020年5月31日 12:06 ]

<日本ダービー>日本ダービー日本騎手紹介であいさつする日本騎手クラブ会長の武豊(前列中央)=撮影・郡司 修
Photo By スポニチ

 17年に生まれた3歳馬の頂点を決める「第87回ダービー(31日、東京)」のセレモニーが東京競馬の昼休みに行われた。

 ダービーで着用する勝負服を身にまとったジョッキーたちが、ソーシャルディスタンスを保ってパドックで整列。今年は新型コロナウイルスの影響で76年ぶりの無観客ダービーとなったが、一年に一度の大舞台へムードが高まってきた。

 セレモニーの最後であいさつをした騎手会会長の武豊(51)は「今年のダービーは新型コロナウイルスまん延防止策により無観客で行われます。我々、ホースマンにとって頂点であるダービー。少しでも元気や勇気を与えられる、多くの方々に感謝を伝えられるような騎乗をしたいと思います。いいレースをお見せします」と決意を語った。運命の大一番は午後3時40分に発走する。

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2020年5月31日のニュース