【日本ダービー】(15)サトノフラッグ “女王”と一緒に運動「変わりなく順調」

[ 2020年5月31日 05:30 ]

 坂路を4F69秒2~1F16秒2で上ったサトノフラッグ。角馬場での乗り運動は絶対女王アーモンドアイとこなし、偉大な先輩を先導するようにキビキビと歩いていた。国枝師は「変わりなく順調だよ。朝はまだ涼しいからね」と好状態を強調。2番人気で5着に敗れた皐月賞からの巻き返しを図る一戦。師は「皐月賞がああだったから、大きなことは言えないなあ」と報道陣をけむに巻いたが、トーンに悲観の色はない。

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2020年5月31日のニュース