【日本ダービー】(10)コルテジア 叩いて上昇ムード「勝負根性を生かしたい」

[ 2020年5月31日 05:30 ]

 コルテジアは休み明けだった皐月賞(7着)を叩いて上昇ムード。鈴木孝師は「前走は結果的に内枠がアダになった。使うごとに状態は良くなっている。武器の勝負根性を生かしたい」と力を込めた。鞍上は絶好調の松山。前々走のきさらぎ賞はブービー人気で勝っており、再度の大駆けを狙う。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年5月31日のニュース