【目黒記念】ダービーに続き5番枠!キングオブコージ 4連勝で重賞初V

[ 2020年5月31日 17:28 ]

<目黒記念>レースを制したキングオブコージ(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 東京競馬場で31日に行われた「第134回目黒記念」(G2、芝2500メートル)はハンデ54キロを背負った1番人気キングオブコージ(牡4=安田翔、父ロードカナロア)が後方から馬場の真ん中を突き抜け、4連勝で重賞初制覇を決めた。

 この日は5番枠が5勝2着2回ととにかく強かった。日本ダービーを勝ったコントレイルに続き、5番枠の馬が勝利。8Rからは1→2→2→1→1着と全馬が連対を決めた。

 半馬身差の2着にアイスバブル、さらに半馬身差の3着にステイフーリッシュが入った。

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2020年5月31日のニュース