【寺下の変 特別編】11日京都12R エリ女◎レッドジェノヴァの後はメイショウサチシオの逃げ推し

[ 2018年11月11日 08:00 ]

 エリザベス女王杯は競馬担当になった09年、◎クィーンスプマンテが逃げ切り、3連単154万馬券ゲット。あれ以来、“逃げ推し”の魅力にハマった。今年は逃げ推しではないが、クィーンスプマンテと同じ小島厩舎の◎レッドジェノヴァで勝負する。厩舎が熟知した栗東滞在の調整パターンで、馬はパワーアップ。今の充実ぶりなら、G1でも通用する。

 京都12Rは◎メイショウサチシオの“逃げ推し”だ。今年3月に現級勝ちした実力馬。武豊と初コンビを組んだ前走は、逃げて3着に粘った。3カ月半ぶりを叩いて前進必至。しまいの粘りも増すはず。土曜の当コラムで推奨したインティ(京都10R)は、単勝1・1倍の断然人気に応えてV。今日もダート戦で武豊に全権委任だ。

 馬券は単勝と馬連流しで相手○アディラート、▲サヴィ、☆タマモカトレア、以下△テイエムグッドマン、セータコローナ、シルバーポジー、グラスレオの計7頭へ。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「新潟2歳S」特集記事

2018年11月11日のニュース