【京都新馬戦】ヴェルディゼール、直線鋭い末脚で初戦V

[ 2018年11月11日 05:30 ]

<京都5R・新馬>直線で抜け出し、新馬戦を快勝したヴァルディゼール(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 京都5R(芝1600メートル)は、1番人気のヴェルディゼール(牡=渡辺、父ロードカナロア)が2着馬に3馬身差をつけて完勝した。直線で鋭い末脚を披露し、北村友は「エンジンのかかりが遅かったけど、スイッチが入ると流しただけ。いい脚を使ってくれましたね」と満足げ。渡辺師は「まだ粗削りな面はあるけど、その分、楽しみも大きい」と将来性に期待を膨らませた。次走は未定。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「新潟2歳S」特集記事

2018年11月11日のニュース