【エ女王杯】戦い終えて

[ 2018年11月11日 17:46 ]

<京都エリザベス女王杯>ゴール前でクロコスミア(奥)を差しきり、悲願のG1勝利となったリスグラシュー (撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 ◆4着=レッドジェノヴァ(池添)内で押し込められた。スムーズに外へ出せていれば良かった。G1初挑戦で頑張っている。

 ◆6着=カンタービレ(C・デムーロ)前々に付いて行けたけど、最後は厳しくなった。距離が影響しているのかな。

 ◆7着=フロンテアクイーン(蛯名)ペースが遅かった。じりじり伸びていたけど、距離は短い方が切れそうですね。

 ◆8着=コルコバード(浜中)相手が強くなったけど頑張っている。まだまだこれからの馬ですよ。

 ◆9着=スマートレイアー(武豊)想定していた形で進めて、ラストはもっと弾けると思った。以前の脚が使えなかった。

 ◆10着=ヴァフラーム(川又)いい位置で競馬ができた。よく頑張っている。指示通りに乗れたし、いい経験になりました。

 ◆11着=ワンブレスアウェイ(津村)周りの歓声に驚いた。緩い流れでで後手に回ったのが響いたけど、いい経験になった。

 ◆12着=ミスパンテール(横山典)落ち着きがあったし、よく頑張っている。次につながりそう。

 ◆13着=レイホーロマンス(福永)リズム良く行けたが、力負けかな。

 ◆14着=アドマイヤリード(藤岡康)自分のリズムで自然とあの位置になった。行きたがる面を見せたが、何とか我慢できた。

 ◆15着=エテルナミノル(四位)久々でゲートひと息。前が止まらないし、距離も長いかも。使ったことで次は良くなる。

 ◆16着=ハッピーユニバンス(松若)いい位置を取りたかったが、ゲートで後手に回った。

 ◆17着=プリメラアスール(藤岡佑)ハナに行きたかったけど行けなかった。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「新潟2歳S」特集記事

2018年11月11日のニュース