【午後の狙い馬・11日東京11R】アイラインが自慢の末脚爆発

[ 2018年11月11日 11:35 ]

 日曜午前5時計測のJRA発表の芝含水率はゴール前が15・9%、4コーナーが15・1%。土曜より数値は下がり、好天の午後はさらに乾く。芝のレースは切れ味自慢が台頭しそうだ。

 アイラインは2着惜敗の前走・信越Sもメンバー最速の3F34秒6を駆使。瞬発力は今回の16頭中でも上位。ベストの東京1400メートル戦。据え置きのハンデ52キロも歓迎材料で一気差し。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「新潟2歳S」特集記事

2018年11月11日のニュース