野中、愛遠征後の国内初勝利「ホッとしました」

[ 2018年11月11日 11:37 ]

帰国後初勝利を挙げた野中(左)
Photo By スポニチ

 今年アイルランドに3〜10月まで約7カ月間長期遠征した野中悠太郎(21=根本)が11日東京1R・2歳未勝利戦のモリノカワセミ(牝2=大江原)で勝ち、10月27日(東京)に国内戦復帰後34戦目で初白星を挙げた。

 野中は「こうやって一つ勝てて、だいぶ気持ちも違います。ホッとしました。遠征前の最後に勝ったのが大江原厩舎の馬(パレスハングリー=3月4日中山)だった。今回も大江原厩舎でしたね」とニッコリ。成長著しい藤田菜七子の兄弟子として「菜七子も頑張っている。僕も負けられません」と気合を入れていた。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「新潟2歳S」特集記事

2018年11月11日のニュース