【エ女王杯】(7)モズカッチャン 熱発の影響なし

[ 2018年11月11日 05:30 ]

厩舎回りを運動するモズカッチャン(撮影・平嶋 理子) 
Photo By スポニチ

 モズカッチャンは坂路を4F64秒8で軽快に駆け上がり、当レース連覇に向けた最終調整を終えた。見守った鮫島師は「予定通り。いい状態だと思う」と納得の表情。予定していた府中牝馬Sは軽い熱発で回避したが「その影響もなく使える」と目を細めた。栗東は土曜未明に雨が降り、土曜京都もやや重でスタート。「雨が降っても気にするタイプじゃないし大丈夫かな」と締めくくった。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「新潟記念」特集記事

2018年11月11日のニュース