【万哲の乱 特別編】11日福島11R マルターズアポジーが思い出の福島で復活

[ 2018年11月11日 08:00 ]

 福島11R・福島記念は◎マルターズアポジー。土曜に行われた武蔵野Sもダブル登録していたが、最終的には2年前に重賞初Vを飾った思い出の福島記念を陣営は選択した。

 武蔵野Sなら別定56キロで出走できる利点はあった。ただ、アポジーにとっては初ダート。結果的に武蔵野Sは逃げたルグランフリソンが前半3F34秒8(レース後半同3F36秒1)と速めのピッチを刻み、後方にいた1着サンライズノヴァ、2着クインズサターンの追い込みを誘発した形。逃げ一筋のアポジーが出走していたとしても、厳しかったかもしれない…。

 もちろん、福島記念だと57・5キロ(トップハンデ58キロのサトノノブレスは回避)の重ハンデとの戦いになる。加えて同型の逃げ候補がマイスタイル、マイネルハニーなど多数。ただ前走・富士S(14着)を前半3F34秒6で逃げた直後の2000メートル戦なら、序盤の加速はつきやすいはず。福島は5戦3勝の得意コース。堀井師は「福島はこれまで一番結果を残してきた競馬場。中間の動きもいい。自分の競馬に徹し切れれば」と前向きに話した。騎乗予定だったサーブルオールの除外(賞金不足)で、アポジーに回ってきた新コンビ戸崎がどう操るか?その手腕込みで復活劇に託す。

 《もうひと押し》東京11R・オーロカップは◎ロワアブソリュー。ベストの東京1400メートル&手頃なハンデ54キロなら、休み明けでも妙味。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「新潟2歳S」特集記事

2018年11月11日のニュース