【シリウスS】3歳パフューム重賞初制覇!安田翔師は初年度でタイトル奪取

[ 2018年9月30日 05:30 ]

<シリウスS>雨が降り続いた馬場で直線を突き抜けたオメガパフューム(左)(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 ダート界の新星誕生!!「第22回シリウスS」は2番人気の3歳馬オメガパフュームが差し切りV。古馬相手に早めに動く堂々の競馬で重賞初タイトルを手にした。 レース結果

 台風の影響で1R前からダートは水が浮く不良馬場。内枠のオメガパフュームはヨレながらのスタート。それでも和田はすぐにリカバリーして中団へ。「レースは初めてだったが、とても乗りやすい馬。53キロだったし早めに動きました」。前優位の脚抜きのいい馬場でも焦らず直線入り口でGOサイン。先に抜け出したサンライズソアをあっさりかわすと、外ウェスタールンドの猛追も首差退けた。「相手の出方を見られるぐらい余裕があった。素質は高いし、3歳でまだまだ良くなっていきそうですね」トレーナーの安田翔師はこれがJRA重賞初制覇。「自分のことより、馬が勝ってくれたことの方がうれしいです」と笑顔がはじけた。ハンデ戦とはいえ、今後の可能性が広がる大きな1勝。「JBCは賞金的に厳しい。チャンピオンズC(12月2日、中京)を使うか、成長を促すか。オーナーと相談したい」と見通しを語った。レベルの高い3歳勢の中でも異彩を放つセンス。今後も目が離せない。

 ◆オメガパフューム 父スウェプトオーヴァーボード 母オメガフレグランス(母の父ゴールドアリュール)牡3歳 栗東・安田翔厩舎所属 馬主・原禮子氏 生産者・北海道千歳市社台ファーム 戦績6戦4勝 総獲得賞金8536万3000円(戦績、賞金共に地方含む)。

続きを表示

この記事のフォト

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2018年9月30日のニュース