【鳥谷越・本社予想の稼ぎどころ】30日中山7R 連続騎乗の名手がスピリットソウルをVに導く

[ 2018年9月30日 08:00 ]

 接近する台風の動向に気をもみながら仕事をした土曜の中山競馬場。夕方になって日曜阪神の中止順延が発表された。その前には、レジェンド・武豊が通算4000勝を達成する大ニュース。土曜としては、近年まれに見るバタバタの状況になった。それにしても、武豊の通算4000勝という数字は凄いとしか言いようがない。祝福コメントを寄せてくれた他のジョッキーたちからも「あり得ない数字」という言葉が多く聞かれた。どこまで記録を伸ばすのか。同年代の記者としては、一日でも長く騎乗を続けてほしいと思う。

 何とか開催できる見通しの中山から、当欄で推奨するのは7R。前人未到の大台に到達した武豊が2戦続けて手綱を取るスピリットソウル◎で勝負だ。4走前に今回と同じ中山芝マイルで行われた現級を快勝。関西からの転厩初戦で人気の盲点(8番人気)になっていた形だが、この舞台では不利とされる外枠(14番)をものともせず、中団から豪快に1馬身1/4突き抜けるワンサイド勝ちだった。昇級した3走前の東京戦、休養を挟んで降級した2走前の新潟戦はいずれも6着だったが、中山芝マイルに戻った前走では武豊騎乗で小差の3着。改めてコース適性の高さをアピールした。走り頃の叩き3戦目となる今回、名手がきっちりとVへ導くとみた。

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2018年9月30日のニュース