【スプリンターズS】ファインニードルが春秋スプリントG1制覇!史上5頭目の偉業

[ 2018年9月30日 15:40 ]

<スプリンターズステークス>レースを制したファインニードル(8番)=撮影・郡司 修
Photo By スポニチ

 秋のG1戦線の到来を告げる短距離王決定戦「第52回スプリンターズS」(G1、芝1200メートル)が30日、中山競馬場11Rで行われ、川田将雅騎手騎乗の1番人気ファインニードル(牡5=高橋義忠)が勝利。G1通算2勝目を挙げた。

 道中、中団から競馬を進めたファインニードル。直線では大外から末脚を伸ばし、2番手追走から先に抜け出した3歳牝馬ラブカンプーをかわしきった。勝ちタイムは1分8秒3(やや重)。王者が実力を示す中、首差の2着には和田騎乗の11番人気ラブカンプー、さらに半馬身差の3着には武豊騎乗の13番人気ラインスピリットと人気薄の馬が飛び込んだ。

 勝ったファインニードルは父アドマイヤムーン、母ニードルクラフトという血統。3月の高松宮記念に続いて、同レースを制し、13年のロードカナロア以来、史上5頭目となる同一年のスプリントG1春秋制覇の偉業となった。通算戦績は27戦10勝。

 鞍上の川田は中央G1通算12勝目で今年2勝目。管理する高橋義忠師は中央G1通算2勝目ですべて同馬によるもの。

 これで今年の古馬短距離G1路線はマイルCS(11月18日、京都)を残し、高松宮記念=ファインニードル、安田記念=モズアスコット、スプリンターズS=ファインニードルという結果に。春秋のスプリントG1を連覇したファインニードルが最優秀短距離馬のタイトルに大きく近づいた。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2018年9月30日のニュース