【阪神新馬戦】ゴータイミング接戦制す!母は仏G1馬の良血

[ 2018年9月30日 05:30 ]

<阪神5R>武豊を背にゴール前の接戦を制したゴータイミング(中)(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 阪神5R新馬戦(芝1800メートル)はゴータイミング(牡=松永幹、父ディープインパクト)がゴール前並んだ3頭の接戦を制して、初陣Vを飾った。母サラフィナはフランスG1馬の良血。全兄ジェニアルは凱旋門賞当日(10月7日)に行われるG1フォレ賞(芝1400メートル)に出走。松永幹師は「来週にリズムができて良かった」と安どの表情を浮かべた。

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2018年9月30日のニュース