イチロー 大親友・武豊の素顔明かす「酔っぱらうと家の鍵なくす(笑)」

[ 2018年9月30日 09:12 ]

武豊JRA通算4000勝達成

武豊(右)とラジオ番組で共演したイチロー
Photo By スポニチ

 レジェンドから見たレジェンド。イチローと武は95年にラジオ番組で初対面し、意気投合した。武はイチローを「いっちゃん」と呼び、オリックス時代は球場で何度も応援。メジャー移籍後も年に1回は食事会を開催し、15年2月には神戸で合同自主トレも行った。

 「僕は専門的なことは全く分からないですけど、とにかく長い間、第一線でやっていることはどの世界だって凄い大事なこと」

 自身と重なる長いキャリアを称えた上で、話題はすぐに武の「素顔」へと移った。「あの人、凄く面白いから大好き。お酒入らないと何となく最初硬いんですけど、お酒入りだすと…。いつも鍵をなくしちゃうらしいんですよ。酔っぱらって、家の鍵を」。指紋認証の鍵にしても無駄だったそうで「指紋までたどり着かずに倒れていたって。家の前で。朝、警察が来て大変だったと。単なる酔っぱらいだったというストーリーが武さんらしい(笑い)」。ちなみに、イチローは「(武さんに)お酒を教えたのは僕」と公言している。

 いまだにガラケーを貫く愛すべき先輩に「連絡が取りづらくて“iPhoneにしてくださいよ”って言っているんですけど」と苦笑い。かつて自身も有馬記念を何度か買い、武を軸にして勝ったこともあるというが「ただ、倍率低いからね。面白みはないんだけどね」と、ここでもオチを付けた。

 現役にこだわるヒーロー3人で共鳴し合えるものがある。もう一人はJ2横浜FCのFW三浦知良(51)だ。「深〜いところでつながっているんですよね。お互い“あ、いいな”と言うところも性格も全然違いますし、遊び方も違う。だけど自分にないものを持っているから、明らかに。そこにひかれるというのはありますよね。揺るがない実績が武さんはあるし、カズさんもそうですけど、何も言わなくても何かが伝わるという、本当のプロだなと思いますね」。本当のプロ。3人にしか分からないこともきっと、そこにはある。

 武もイチローを「彼ほどプロフェッショナルという言葉が似合うアスリートはいない」と話し、通算安打数で先を越された「4000(現在は日米通算4367安打)」という数字を意識してきた。4000勝についてイチローは――。

 「その世界の4000って次の2番手はいくつなんですか?そうやって比較しないと分からないから。とてつもない数字と3000の時に聞いてたから、そうなんでしょうね」。そう言い、すかさず続けた。

 「このオフは神戸まで僕が武さんを引っ張るので、“量子さん、僕に武さんを貸してください!”」(笹田 幸嗣通信員)

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「セントライト記念」特集記事

2018年9月30日のニュース