武豊4000勝“同姓同名”愛知・武豊町も歓喜 町長エール「記録伸ばして」

[ 2018年9月30日 09:00 ]

武豊JRA通算4000勝達成

愛知県武豊町を訪れた武豊、“同姓同名”の縁で一日町長として招かれた
Photo By スポニチ

 天才ジョッキーと“同姓同名”の町「武豊町(たけとよちょう)」も快挙達成を喜んでいる。読み方は違うが、同じ漢字が縁で武豊は2度来町。89年10月には当時20歳の若さで一日町長を務めた。

 「1億円ジョッキーとして騒がれていた時。絶大な人気を誇っていた」。こう当時を懐かしむのは籾山(もみやま)芳輝町長(71)。当時は産業課。スーパースター来町の興奮を、写真を手に振り返る。メインのみゆき通りを通行止めにして、オープンカーでJR武豊駅から役場までパレード。「町民だけでなく競馬ファンも大勢駆けつけた。知らない町に来て最初はびっくりしただろうね」。町制60周年(14年)記念誌に「武豊騎手1日町長として来町」と町史に刻まれるほどのビッグイベントだった。

 2度目の来町は99年7月。タレント見栄晴とのトークショーで訪れた。当時、企画課長だった籾山町長はイベントをサポートする立場。当初は2人でのトークショーを予定していたが「1人友達が行くから」(武豊)。名古屋場所を終えた貴闘力(元関脇)がサプライズで登場。会場はさらにヒートアップした。籾山町長は「最初のあいさつで“初めまして。私の名前はたけとよです”と気を利かせて笑いを誘ってくれた。トークショーの盛り上げ方もうまかった」と回顧した。

 今でも武豊町と武豊の絆は強く結ばれる。武豊町は武豊が重賞Vや節目の記録達成時に祝福のメッセージを贈り、年賀状のやりとりも続いている。籾山町長は「彼の騎乗はブレがない。膝で全てを吸収する走り。全く動かない。それだけ技術がある。天性のものだろう。温厚で人柄もいい」と絶賛。「4000勝は一つの通過点。この先、5000勝、6000勝と記録を伸ばしてほしい」とエールを送る。偶然が縁で平成元年から始まった“武豊同士”の親交。第二の故郷はこれからも同名のスターを応援し続ける。

 ▼武豊町(たけとよちょう)愛知県知多郡にある人口約4万3000人の町。1954年10月に武豊町と富貴村が合併し発足。たまり・味噌の醸造業が盛んで、赤味噌の消費量は愛知県の中でも多い。浦島太郎伝説が伝わり「竜宮神社」「浦島川」「乙姫橋」などゆかりのスポットが多数ある。愛知県大府市の大府駅と武豊町の武豊駅を結ぶJR武豊線は1886年に開通した日本でも歴史のある鉄道。

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2018年9月30日のニュース