【京阪杯】馬なりで好感触!メラグラーナ ラスト2Fで好時計マーク

[ 2016年11月24日 05:30 ]

坂路を駆け上がるメラグラーナ
Photo By スポニチ

 2連勝でオープン入りしたメラグラーナは松山を背に坂路単走で4F51秒6。上がり重点の内容だったが、力強いフットワークでラスト2F12秒1―12秒0の好時計をマーク。松山は「馬なりだったがいい動き。以前よりも力強くなっていた」と好感触。池添学師は「あの時計で上がってもケロッとしていた。元々、能力の高さを感じていたが、ようやく体がついてきた。外めをスムーズに運べれば」と重賞初Vへ力を込めた。

続きを表示

「セントライト記念」特集記事

「ローズS」特集記事

2016年11月24日のニュース