【京都2歳S】ヴァナヘイム 余力十分12秒5!陣営は勝ち負けを意識

[ 2016年11月24日 05:30 ]

坂路を駆け上がるヴァナヘイム(奥はキセキ)
Photo By 代表撮影

 京都土曜メイン京都2歳Sの追い切りが行われ、ヴァナヘイム(牡=角居)はコンビを組むシュタルケを背に坂路で新馬と併せ馬。上がり重点に4F53秒8~1F12秒5。余力十分に僚馬を1馬身差突き放した。「追い切りに乗ったジョッキーは“いい動き”と言っていた。調整は順調です」と岸本助手。前走の萩Sはスローで先行馬を捉えられなかったが、上がり3Fはメンバー最速。「直線はいい脚だった。前々で流れに乗った競馬ができれば」と勝ち負けを意識していた。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2016年11月24日のニュース