【ジャパンC】ラストインパクト 予定通りサラッと52秒6

[ 2016年11月24日 05:30 ]

坂路を駆け上がるラストインパクト
Photo By 提供写真

 昨年2着のラストインパクトは坂路で最終調整。渋った馬場を考えれば、4F52秒6の時計は優秀だった。岸本助手は「先週ビッシリやったので今日は予定通りサラッと。悪い感じじゃなかった」と手応え。7番人気だった昨年は大胆なイン突きで2着に好走。同助手は「あれはゴールドシップが動いたときにポツンとしていたのが大きい。一瞬の脚が使えるわけじゃないのでよどみなく流れてほしい」と話した。

続きを表示

「セントライト記念」特集記事

「ローズS」特集記事

2016年11月24日のニュース