【京都2歳S】プラチナヴォイス 直線点火で先着「体しっかりしてきた」

[ 2016年11月24日 05:30 ]

CWコースを三頭併せで追い切るプラチナヴォイス(左)
Photo By スポニチ

 プラチナヴォイス(牡=鮫島)は和田を背にCWコースで3頭併せ。僚馬2頭を前に置く形で追走すると、直線を向いて点火。6F84秒8~1F11秒9で最先着。「腰周りが緩くて、デビュー当初は心肺機能の高さだけで走っていた。それが使いつつ体がしっかりしてきて、今朝の動きも良かった」と鮫島師。初勝利がレコードVで、前走の萩Sも後続を突き放す強い内容。「どんな競馬でも対応できるし、ここも楽しみ」と好勝負を意識。

続きを表示

「マイラーズC(G2)」特集記事

「フローラS(G2)」特集記事

2016年11月24日のニュース