【京阪杯】スパルタン 鋭くラスト1F12秒4「確実に上向き」

[ 2016年11月24日 05:30 ]

CWコースで追い切るエイシンスパルタン
Photo By スポニチ

 京都日曜メインの京阪杯の追い切りが行われた。休養明けのスワンSで3着と好走したエイシンスパルタンはCWコース単走で6F83秒5。最後までしっかりと負荷をかけられ、ラスト1F12秒4と鋭い反応で駆け抜けた。「レース後もガタッとくることなく、一度使って確実に上向いている」と藤岡師。直線平たんの京都はこれまで【3011】。「内回りでベストの条件。ここでしっかりと賞金加算して、次につなげたい」と意気込んだ。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2016年11月24日のニュース