【ジャパンC】ハナ濃厚キタサンブラック“逃げ切れない”ジンクス打破だ

[ 2016年11月24日 05:30 ]

 ジャパンCはなかなか逃げ切れない。過去10年で逃げ馬の3着以内はなく、最後に逃げ切った馬は03年タップダンスシチーまでさかのぼらなければならない。しかも03年は重馬場開催で5F通過が61秒9。9馬身離した2着も2番手を運んだ馬という特殊なレースだった。

 海外勢を含めた今年のメンバーで前走を逃げた馬はなし。前走・京都大賞典のように好位でも運べるキタサンブラックだが、ここはハナが濃厚か。武豊も「それは知っている。あまりいいデータじゃないけどリズム良く運ばせるだけ」と苦笑い。熟練の手綱さばきで、ジンクス打破なるか。

続きを表示

「セントライト記念」特集記事

「ローズS」特集記事

2016年11月24日のニュース