【ジャパンC】イラプト 充実ぶりアピール「昨年より好状態」

[ 2016年11月24日 05:30 ]

東京競馬場のダートコースで調整するイラプト
Photo By スポニチ

 昨年6着のイラプトは、東京競馬場ダートコースで速めのキャンター(5F68秒9~1F13秒9)。24日に行われる最終追いに備えた。同時刻に馬場入りした外国馬3頭の中では、最も落ち着いた様子。アントニ・ダヴィ助手は「4歳になって、体がしっかりした。経験値を積んでいることもあり、より強い負荷をかけられている。昨年よりもいい状態」と充実ぶりをアピールしていた。

続きを表示

「セントライト記念」特集記事

「ローズS」特集記事

2016年11月24日のニュース