ダノンシャーク&ウインプリメーラ、大久保厩舎の2頭が引退…

[ 2016年11月24日 05:30 ]

 先週のマイルCSに出走した大久保厩舎の2頭が引退する。4着に食い込む力走を見せたダノンシャーク(牡8)を大久保師は「最後まで力のあるところを見せてくれました」とねぎらった。14年マイルCSでG1勝ち。通算39戦7勝(重賞3勝)。今後は種牡馬入りが予定されているが、詳細は未定。また同レース12着のウインプリメーラ(牝6)も引退、繁殖入り。16年スポニチ賞京都金杯で重賞勝ち。通算33戦6勝(重賞1勝)。さらに11年の北海道スプリントCを制したマルカフリート(牡10=浜田)も引退。先週の霜月S12着がラストラン。通算成績35戦10勝。今後は北海道浦河のBTCで乗馬となる。

続きを表示

「セントライト記念」特集記事

「ローズS」特集記事

2016年11月24日のニュース