しんちゃん悲し…父ひろし死す 声優・藤原啓治さん、55歳で死去

[ 2020年4月17日 05:30 ]

藤原啓治さん
Photo By スポニチ

 アニメ「クレヨンしんちゃん」でしんちゃんの父親・野原ひろし役などを務めた声優の藤原啓治(ふじわら・けいじ)さんが、12日にがんのため死去したことが分かった。55歳。東京都出身。16日、藤原さんが代表取締役を務める所属事務所の公式ホームページで発表された。事務所の発表によると、がんのためかねて闘病中で、12日に亡くなった。病気の詳細などは明らかにされていない。通夜および告別式は「親族のみにて執り行われました」とされている。

 藤原さんは「クレヨンしんちゃん」のほか、「交響詩篇エウレカセブン」のホランド役、「ケロロ軍曹」のナレーションなどで知られる人気声優。16年8月に病気療養に入り、17年6月に復帰を発表していた。休養以降、野原ひろしは森川智之(53)が代役を務めていた。

 「クレヨンしんちゃん」2代目・野原しんのすけを担当している声優の小林由美子(40)は自身のツイッターで「なんで声優界の宝をこんなに早く…」と悲しみにくれた。

 ◆藤原 啓治(ふじわら・けいじ)1964年(昭39)10月5日生まれ、東京都出身。文学座付属演劇研究所を経て、声優、ナレーターとして活躍。92年から「クレヨンしんちゃん」出演。ほかにアニメ「はじめの一歩」や映画「アベンジャーズ」の吹き替えなどを担当した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年4月17日のニュース