松本穂香を主演起用 “最後のメガホン”角川春樹氏が絶賛「彼女の代表作になる」

[ 2019年8月30日 05:30 ]

製作発表に出席した松本穂香(中央左)ら
Photo By スポニチ

 映画プロデューサーの角川春樹氏(77)が、生涯最後の監督作として挑む「みをつくし料理帖」(来年秋公開予定)の製作発表がこのほど都内で行われ、主演の松本穂香(22)、角川映画ゆかりの浅野温子(58)らが出席した。

 主人公の澪が料理の力で苦難を乗り越えていく時代劇で、松本は「温かくて優しい物語に携われて幸せ」と充実した表情。角川氏も「彼女の代表作になる」と太鼓判を押す。浅野は体調不良で休養し5月の仕事復帰発表後、初の公の場で「監督に怒られないように、目を盗んでちょこちょこやろうと思っています」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2019年8月30日のニュース