ジャニーさん家族葬に約150人 “子どもたち”が全て準備 国分と井ノ原が司会、マッチらが感謝の気持ち

[ 2019年7月12日 21:30 ]

ジャニー喜多川さん
Photo By 提供写真

 9日にくも膜下出血のため亡くなったジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(享年87)の葬儀が12日、都内で執り行われた。この日、同事務所が発表した。

 事務所によると、会場はジャニーさんが大好きだった「ジャニーズアイランド」の稽古場。ジャニーさんが生み出した“子どもたち”による家族葬で、CDデビューしているタレント、ジャニーズJr.、合わせて約150人が参列した。

 会場の設営から当日の運営まで、全てをタレント達が行った。ジャニーズの新旧ヒット曲が絶え間なく流れ、遺影の周りを、SMAPや嵐らの名が刻まれた色とりどりのプレートが囲む祭壇。TOKIOの国分太一(44)とV6の井ノ原快彦(43)が司会を務め、近藤真彦(54)、少年隊の東山紀之(52)、KinKi Kidsの堂本光一(40)、HiHi Jetsの高橋優斗(19)がジャニーさんへの感謝の気持ちを読み上げた。

 事務所は「これまでジャニーはタレント達の活躍をいつもステージの下から見守ってまいりましたが、最後に、その姿をステージの下から約150名のタレント達が見届けました。ジャニーの最後は優しく、心が温かくなるステージとなりました。家族葬が進むにしたがって、タレント一人一人の目に力強さが増していったように感じました。ジャニーは、最後の最後まで人を育て続けたプロデューサーでございました。そして、これからもジャニーの意思を受け継ぎながら、成長し続けることができるよう、皆で精進してまいります」とコメントした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2019年7月12日のニュース