阿久津仁愛 令和初の“テニミュ”へ気合い「62公演全力」

[ 2019年7月12日 06:33 ]

ゲネプロを行った(左から)増子敦貴、青木瞭、阿久津仁愛、立石俊樹、田鶴翔吾
Photo By スポニチ

 人気ミュージカルの最新作「テニスの王子様 3rdシーズン 全国大会 青学VS立海 前編」が11日、東京ドームシティホールで開幕した。

 主人公の越前リョーマ率いる青学と、全国制覇を懸けた最大のライバル・立海との決勝戦を描くクライマックス。9月29日まで全国5都市を巡るロングラン公演で、越前役の阿久津仁愛(18)は、「令和初の“テニミュ”なので、向上心を持って62公演を全力で駆け抜けたい」と意気込んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2019年7月12日のニュース