山下達郎、気管支炎で12、13日の公演中止 14日放送のラジオでコメント発表、代役出演へ

[ 2019年7月12日 16:43 ]

 気管支炎のため12日、13日に予定していた公演を中止したシンガーソングライターの山下達郎(66)が12日、パーソナリティーを務めるTOKYO FM「山下達郎のサンデー・ソングブック」(日曜後5・00)の14日放送内容を変更すると公式サイトで12日に発表した。

 11日に公式サイトで「7月12日(金)、13日(土)に開催予定の“山下達郎 PERFORMANCE 2019”中野サンプラザホール公演は、山下達郎が気管支炎と診断され一定期間の休養が必要であると判断したため、やむをえず中止させていただくこととなりました」と発表。

 この日は14日の放送について「通常の内容を変更し、山下達郎の盟友で、コンピレーション・アルバム『ドゥー・ワップ・ナゲッツ』のディレクターでもある宮治淳一氏が、ピンチヒッターとしてパーソナリティーをつとめることになりました。番組の冒頭で山下達郎からのコメントを発表し、宮治氏登板の経緯を説明いたします」と宮治淳一氏が代役を務めると説明した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2019年7月12日のニュース