星組トップスター・紅ゆずる&綺咲愛里のサヨナラ公演開幕

[ 2019年7月12日 19:18 ]

<GOD OF STARS>通し稽古で熱演を見せる(左から)綺咲愛里、紅ゆずる(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 10月13日に退団する宝塚歌劇団星組トップスター・紅(くれない)ゆずる&綺咲愛里(きさき・あいり)のサヨナラ公演「GOD OF STARS―食聖―/エクレール・ブリアン」が12日、兵庫・宝塚大劇場で開幕した。

 完全オリジナルの「GOD…」は、アジアを舞台にしたクッキング・コメディーで、退団公演にありがちな湿っぽさはみじんもなし。「わいわいガヤガヤ終わりたい」と話していた通り、ラストは組子全員がステージで歌い踊る賑々しさで、紅らしい幕切れとなった。

 公演は8月19日まで。東京宝塚劇場では9月6日~10月13日。

 また、大劇場に隣接する「宝塚歌劇の殿堂」では特別企画展「Memories of 紅ゆずる」がスタートした。紅の初舞台姿から、若手時代の舞台写真も展示。さらに5月30日、甲子園球場で行われた「阪神―巨人」戦で始球式を行った際のユニホームも飾られており、ファンにはたまらない空間に仕上がった。同展は8月19日まで。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2019年7月12日のニュース