くっきー、お化け屋敷をプロデュース「中は?真っ暗。暗闇営業」

[ 2019年7月12日 14:44 ]

大阪・茶屋町のMBSで開催された「VRお化け屋敷 マンホール」のメディア体験会に参加したくっきー
Photo By スポニチ

 野性爆弾・くっきー(43)がプロデュースした「VRお化け屋敷 マンホール」(13日~」)のメディア体験会が12日、大阪・茶屋町の「MBSちゃやまちプラザ」で開催され、くっきーが最先端ホラーVR(仮想現実)を説明。「世界一のマカオタワーのバンジージャンプ(338メートル)より怖い」と「怖さ」に自信をのぞかせた。

 「4日間で。いや、10カ月かかりました」とプロデュースの話をもらってから構想、制作に時間がかかったことを明かしたくっきー。「怖いと面白いのバランスが難しかった。50対50でグッドてんびん」と怖さ、面白さを両立させた。くっきー自身もVR映像に登場するが「西成の知らんオッサンは出てない。師匠や先輩らを招集しました」と豪華メンバーを呼んで完成した。報道陣に約5分間の仮想現実を提供したくっきー。「中は?真っ暗。暗闇営業」と雨上がり決死隊・宮迫博之(49)らが謹慎処分を受けた“闇営業”に引っかけて笑いを誘った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月12日のニュース