「主婦」横澤夏子 幻想的な日比谷公園に大喜び

[ 2019年7月12日 05:30 ]

「主婦代表」として点灯式に臨む横澤夏子(左)と美少年中学生の“翔くん”(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 お笑い芸人の横澤夏子(28)が11日、東京・日比谷公園で行われた「ビーズハーバリウムinヒビヤアカリテラス2019点灯式」に出席した。

 花王の衣料用洗剤「ニュービーズ」による夏のイルミネーション。ボタニカルな洗濯を提案するブランドが、その世界観を表現するための幻想的な新スポットとして実施。きょう12日から21日まで同所で初開催される。

 横澤は「仕事に家事に奮闘する主婦代表」として登場。自身の新婚生活について触れると、インスタグラムで話題の美少年“翔くん”と点灯式に臨んだ。

 2人が歩み寄り、息を合わせてボタンを押すと点灯。会場は大きな歓声に包まれた。

 横澤は「夏のイルミネーションもロマンチック。旦那と来ます」と大喜び。米ロサンゼルス在住の中学生、“翔くん”も「凄くキレイ。友達と来ます」と声を弾ませた。

 イベント終盤には“翔くん”から20日に29歳の誕生日を迎える横澤に花束のサプライズプレゼント。

 「ハッピーバースデー、夏子」と流ちょうな英語で祝福されると、横澤は「幸せです。透き通った目をしているし、もう“翔くん”にメロメロですね。彼にくぎ付け!」と感激していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月12日のニュース