新人シナリオ大賞に29歳ネイリスト「やめようと思っていた時に…」

[ 2019年6月20日 05:30 ]

第19回「テレビ朝日新人シナリオ大賞」の大賞に輝いた宮原久実さん(前列中央)と優秀賞の山崎陽平さん(同左)、栄弥生さん(同右)、後列は審査員の(左から)両沢和幸、岡田惠和、井上由美子の各氏
Photo By スポニチ

 第19回「テレビ朝日新人シナリオ大賞」の発表が19日、東京・六本木の同局で行われ、東京都のネイリスト・宮原久実さん(29)の「狂いゆく美」が大賞に輝いた。

 「リーガルハイ」「コンフィデンスマンJP」などの古沢良太氏(45)らを輩出した脚本家の登竜門。応募数1236本の頂点に立った宮原さんは「報われたことが一度もなくて、やめようと思っていた時に頂けた賞。たくさん勉強して書き続けていきたい」と抱負を述べた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2019年6月20日のニュース