堀尾正明氏 不倫疑惑で視聴者からの批判に「本当にその通り」「襟を正して」

[ 2019年6月20日 09:14 ]

元NHKアナウンサーの堀尾正明氏
Photo By スポニチ

 元NHKアナウンサーの堀尾正明氏(64)が20日、コメンテーターを務めるTBS「ビビット」(月~金曜前8・00)に出演。19日配信の「デイリー新潮」で報じられた不倫疑惑について生釈明した。

 堀尾氏は「私の一連の行動で誤解を生み、何よりも相手の女性、ご家族に不快な思いをさせて、女性をサポートしている周辺の皆様にも不快な思いをさせ、痛恨の極みでございます。本当に申し訳ございませんでした」と謝罪の言葉を述べた。

 堀尾氏は番組でも、これまで報じられた著名人の不倫報道に対してさまざまなコメントをしてきた立場。「何より視聴者皆さんにいつもこいういう事態で偉そうにコメント言っていて、自分を棚に上げてという意見を事前に頂きました」と、放送前から批判が寄せられた事実を認め、「本当にその通りだと思います」と神妙な表情。「これからは襟を正して、自分のことを律していきたいと思います。家族、私の親戚、各方面、友達にもいろいろと心配をさせて申し訳ない気持ちでいっぱいです。本当にこの度はお騒がせして申し訳ございませんでした」と頭を下げた。

 「デイリー新潮」によると、堀尾氏は数年前から妻と別居。半年前に出会った50代のシングルマザーの自宅に宿泊していることなどを報じている。

 本紙の取材に、堀尾の所属事務所は「本人は“情報番組のコメンテーターを務める立場で誤解を与える行動をしたことは申し訳ない”と話しております」とした上で「男女の関係ではなく、相手の方の育児の相談を受けていた」とコメントした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2019年6月20日のニュース