大畑大介氏、まさかの現役復帰宣言!?巨大ステーキに舌鼓

[ 2019年6月20日 19:15 ]

ハイヒール・モモコとともに大阪・キタの梅田で行われたステーキハウス「BLT STEAK OSAKA」の開業前日レセプションに参加した元ラグビー日本代表・大畑大介氏
Photo By スポニチ

 元ラグビー日本代表・大畑大介氏(43)が20日、大阪・キタの梅田で行われたステーキハウス「BLT STEAK OSAKA」の開業前日レセプションに参加した。

 20年前なら1キロの肉塊でも食べられたが、引退し、最近は300グラムぐらいしか無理になってしまったというが、この日は巨大なTボーンステーキにかぶりつくと「うまい!」と絶賛。これを1キロ食べられたら、9月開幕のラグビーW杯日本大会にも出たくなったのでは?に「門戸は閉じられてないそうですからね…狙ってみようかな」とまさかの現役復帰を宣言?していた。

 一方、ダウンタウン・浜田雅功(56)と同店のハワイ店に毎年正月休みに行くほど常連というハイヒール・モモコ(55)は、現地の金持ちとも知り合いだと告白。その人と同伴なら「結構、ドカーンと行く」としながら、友人の北斗晶(51)佐々木健介(52)夫妻と行く時は「控えめ。割り勘にするしね」としっかり者をアピールし、大畑氏を笑わせていた。

 また、大畑氏は、大阪府吹田市の交番で拳銃が奪われた事件で刃物で刺されて肺の一部を摘出する重傷を負った古瀬(こせ)鈴之佑巡査(26)についても言及。面識はないが「1日も早い回復を祈ってます。自分の身体を大切にして下さい」と同じラガーメンとしてエールを送った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年6月20日のニュース