藤田ニコル 嫌いなモデルを告白「彼のせいでにこるんビームが打てなくなった」

[ 2019年6月21日 01:23 ]

藤田ニコル
Photo By スポニチ

 モデルでタレントの藤田ニコル(21)が20日放送のTBS「櫻井・有吉THE夜会」(木曜後10・00)に出演。嫌いなモデルとして、りゅうちぇる(23)の名を挙げた。番組ではスタジオにりゅうちぇるが登し、ニコルは嫌いになった理由を語った。

 15年にブレイクした2人だが、ニコルは「元々そういうキャラは私しかいなかった。そしたら急にりゅうちぇるが出てきた」とし、「真似されたみたいで本当に嫌だった」と心境を吐露。りゅうちぇるは「僕も嫌いでした」と話し「例えば楽屋とかではお互いにらみ合っていたこともあった」と犬猿の仲であったことを明かした。

 特にニコルが腹を立てたのは、りゅうちぇるの持ちネタである“ちぇるちぇるビーム”だった。自身が始めた「にこるんビーム」を真似されたと感じ「番組でウケたりしてると、悔しくて帰って泣いたこともあった」と振り返った。

 りゅうちぇるは「ビーム売りはふつうかな」とそこまで気にしていなかったと話し、ニコルは「最近はかぶるのがいやで、全然ビームを打たなくなった」と自信の芸風にも影響していると不満をもらした。
 
 番組で和解の握手を求められたが、りゅうちぇるは「今日来るの超怖かった」と涙ぐみそうになる場面も。番組MCの有吉弘行(45)から「りゅうちぇることを好きになった?」と問われると、ニコルは「好きとかにはならない。普通です」と答え、共演者を笑わせた。

 番組では、一週間後の収録に臨む二人を追跡。りゅうちぇるは「逆に気まずくなった」と話すも、本番中は今までになかったように笑顔でやりとりする2人が映し出され、“雪解け”のきっかけになったようだった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2019年6月20日のニュース