小林幸子 地震の様子語る「横揺れがきて、頭をぶつけました」

[ 2019年6月20日 05:30 ]

羽田空港でインタビューに応じた小林幸子
Photo By スポニチ

 演歌歌手の小林幸子(65)が19日、東京・羽田空港で山形県鶴岡市のホテルで18日に新潟や山形で起きた地震に見舞われた際の様子を語った。

 自室にいたところ「突然ドーンという縦揺れがきて、どうしたらいいか分からず、クローゼットの中に入った。その後、横揺れがきて、頭をぶつけました」と恐怖の瞬間を振り返った。

 1時間ほど近くの駐車場に避難し、部屋に戻ったが「また揺れるのではないかと帰ってからの方が怖かった。いつでも逃げられるよう、普段着のまま寝ました。こんな大きな地震は初めて」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年6月20日のニュース