松本人志 ネットの“社会的制裁”で持論「最近の正義感ブームみたいなものに違和感」

[ 2019年2月17日 11:17 ]

「ダウンタウン」の松本人志
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(55)が17日、フジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。飼い主が犬を蹴り上げる動画がインターネット上で拡散され批判を呼んでいる現状について、私見を披露した。

 飼い主が散歩中に犬を蹴り上げる衝撃の映像。ネットで拡散されると警察が出場するなど波紋が広がり、飼い主へのバッシングも沸き上がった。松本は「これ(動画)を見たら、引きます。身内にやっている人がいたら“何してんねん”って言いますけど。ちょっと罪と罰のバランスが悪くないかなって。ここまで全国ネットで放送され、こんだけ全国民からボロクソ言われてしまうのか」とコメント。

 「みなさんと同じ気持ちなんですけど」と飼い主の行為への憤りは感じるとしながらも「一緒にそこの尻馬に乗るほど、僕は言えないな。最近の正義感ブームみたいなものに、何か違和感がある」。さらに「今は正義感でグイグイ来るから。俺もそこそこ正義感あるけど、そこまでないから、なんか怖いわ」とネット上で正義をうたい、個人攻撃する形になっている現状について持論を展開した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年2月17日のニュース